消費者金融の返済シミュレーション・返済プラン

消費者金融の返済計画

「ご利用は計画的に!」というキャッチフレーズを聞いたことはありませんか?

聞いたことありますよね。
消費者金融のコマーシャルで頻繁に流れています。

借金というのはこの言葉通り確かな返済計画を立てなければ、人生まで狂わせてしまう要素を秘めています。

ということでしっかりとした返済計画を立てたいところです。

返済シミュレーションの計画ってどうやって立てるの?
という人は、消費者金融が返済シミュレーションの相談に乗ってくれますので利用してみましょう。

多くの消費者金融では、ネットで返済シミュレーションが出来るようになっています。
希望する消費者金融のホームページにアクセスして、借入希望額や返済期間を書き込むとその時の借入金利で即座にシュミレーションしてくれます。

上記が返済金額のシミュレーションですが、返済期間のシミュレーションというのがあり、その場合は、借入希望額と毎月の返済金額を書き込みます。

この外消費者金融のホームページには、お借入診断や返済早見表など何かと参考になることが載せられていますから、検索して良く見ておくことをおススメします。

また、各消費者金融によって様々な点で違いますから、見比べて自分に合ったお得な消費者金融を利用することをおススメします。

返済不能になっても以前の闇金融のような恐ろしい取り立ては、現在の消費者金融にはほとんどありませんが、借り入れをするときは契約書の内容をしっかり確認したりするほか、無理のない返済計画を立ててください。

現在の消費者金融の借り入れも返済もとても楽になっていて、便利過ぎて借金をするという感覚がなくなりがちですがそこが怖いところです。

「借金も財産の内」などという言葉もありますが、とんでもありません。いまだに無理な借金により返済を苦に自殺される人がおります。

あくまでも借金ということを忘れずに、絶対完済するという気持ちで借り入れをすることをおススメします。

しっかり返済をしておけば、次にお金が必要になったときに再び借入が出来ますが、返済が滞っていると借入が難しくなり、高利の闇金融に手を出すことになってしまいます。

消費者金融、返済プランの落とし穴について

消費者金融から借り入れをする理由は様々。
一番怖いのは生活費のための借り入れです。

なぜでしょうか。

それは、返済不能に陥る可能性が大きいからです。

生活費のための借入金ではない場合でも、返済不能の陥る人も多いといという事実があります。
現在生活費が不足している状況で借り入れをするのは、厳しい状況に利息が加わるのですから、返済不能に陥る可能性がさらに大きくなるわけです。

借金の連鎖に繋がりやすい生活費の借入れは極力避けることをおススメします。

また借入をするときは、返せると思って借りますし、絶対完済すると思うはず。
ところがどこかで返済計画が狂ってしまうことも出てきます。

しっかりシミュレーションをして返済計画を立てたのにと思っても、どこかで間違っていたのかもしれません。
そんな不幸を防ぐためには、返済方法を十分に検討してください。

借入をするに当たってまず最初に気をつけたいのは消費者金融機関選びです。

次に自分にあった返済方法かどうかをよく考えてください。
現代はネットの時代で、ネットで各消費者金融を簡単に比較できるのでとても便利です。
面倒がらずにしっかり調べることをおススメします。

返済金額の計算の方法には「元金均等」と「元利均等」がありますが、「元金均等」は、毎月返済する金額のうち、“元金の返済額が一定”となっています。

この返済方法の良いところは、元利均等返済方法よりも、元金の減り方が早いので毎月返済するたびに返済する金額が少なくなっていきます。

従って、元金が早く減っていく元金均等方式は、総支払利息の額もそして、総支払額も少なくてすみます。

一方の元利均等返済方法では、毎月の返済額が一定しています。

元金+金利=返済額なので、返済の始めは金利の額が高く、元金がなかなか減りません。
なので、元金均等よりも元利均等の方が総返済額が高額になってしまいます。

元利均等返済は、毎月の返済額が一定しているので返済計画をたてやすいですが、総返済額の多さを考えると、支払う利息の少ない元金均等方式の方がおススメです。